36枚のグー・チョキ・パーがおりなす、7つのジャンケンワールド

36枚のグー・チョキ・パーがおりなす
7つのジャンケンワールド

ジャンケンセブン!

2011年秋に出した「ジャンケンカードゲームファイブ!」が新ルールを2つ追加して、テンデイズゲームズさんから「テンデイズコレクション・ジャンケン セブン!」として再版されることになりました。これひとつで7種類のゲームが遊べます。
推奨年齢:8歳以上
プレイ人数:1~5人(ゲームによる)
プレイ時間:10~45分(ゲームによる)
 
内容物
● ルールブック(全48ページ) 1冊
● ジャンケンカード 36枚
● R/S/Pカード 3枚
● 目標カード 4枚
● マーク並び順早見表 5枚 

■オシツケ 2人 ◎ 20~30分
高い数字は自分に、低い数字は相手に!
場札と手札のジャンケンの結果によってカードを分配し、獲得したカードの数字によって得点が決まります。自分の得点を伸ばし、相手の得点は低く抑えましょう。
 
■イントク 2人 ◎ 20~30分
慎重かつ、大胆に 秘密のジャンケン多数決
各プレイヤーはグー・チョキ・パーのいずれかを秘密裏に担当し、場札と捨て札の8つのマークで、自分の担当マークが多数決で勝つことを目指します。
 
■トリックス 4人 ◎ 45分
勝つ回数を奪い合う!? トリックテイキングゲーム
マストフォローのトリックテイキングゲーム()です。プレイヤー同士でトリックと目標カードを取り合い、終了時に目標カードと同じ獲得トリック数だと高得点が入ります。
 
■センゲン 2人 ◎ 20分
何を出すのか宣言する、熱い読み合いの心理戦
お互い1枚ずつカードを出してのジャンケン勝負です。プレイヤーは毎回選択できるカードが決まっており、相手が選択できるカードも公開されています。なおかつ、親は何を出すか宣言してから勝負します。
 
■スパイラル 3~4人 ◎ 30分
「アップ!」…「ダウン!」…、流れに乗って手札をなくせ
ルールに従い手札を場に出して「アップ!」(もしくは「ダウン!」)とコールします。前の人のコールによって出せるカードが変わりますが、それに合わせて手札を早くなくせば勝ちです。
 
■アイコ 4~5人 ◎ 45分
あいこが秘訣!数比べでチップを総取り
5枚の手札で強いハンド(大きい数字)を作り、他のプレイヤーとの数比べ勝負でチップを奪い合います。手札であいこを作るのがカギになりますが、ときにはハッタリも必要です。
 
■ソリティア 1人 ◎ 10分
直感と記憶力でストレートに目標達成
目標カードに書いてある数と同数の勝ちカードセットを獲得するのが目的です。4ラウンドで指定された目標カード3枚を獲得できればゲーム成功!直感と記憶力で目標達成を目指す1人用ゲームです。


 
 
※マストフォローのトリックテイキングゲームとは…
開始時、全プレイヤーは同じ枚数の手札を持っています。リードプレイヤーが手札の中から任意の1枚を場に出します。他のプレイヤーは1人ずつ時計回り順に、リードプレイヤーが場に出したマークと同じマークのカードを1枚出していきます。これを「フォローする」と呼びます。手札に同じマークが2枚以上あれば任意のものを1枚選んで出せます。同じマークがない場合は、どのマークのカードを出しても構いません。フォローできるのにフォローしないのはルール違反です。全員が1枚ずつカードを出したら、ルールに従い一番強いカードを出したプレイヤーが場のカードを全て取ります。このように全員が1枚ずつカードを出して勝者を決める1回のプレイを「トリック」、トリックで勝者になることを「トリックを取る(トリックテイキング)」と呼びます。

■オシツケ 2人 ◎ 20~30分
高い数字は自分に、低い数字は相手に!
場札と手札のジャンケンの結果によってカードを分配し、獲得したカードの数字によって得点が決まります。自分の得点を伸ばし、相手の得点は低く抑えましょう。
 
■イントク 2人 ◎ 20~30分
慎重かつ、大胆に 秘密のジャンケン多数決
各プレイヤーはグー・チョキ・パーのいずれかを秘密裏に担当し、場札と捨て札の8つのマークで、自分の担当マークが多数決で勝つことを目指します。
 
■トリックス 4人 ◎ 45分
勝つ回数を奪い合う!? トリックテイキングゲーム
マストフォローのトリックテイキングゲーム()です。プレイヤー同士でトリックと目標カードを取り合い、終了時に目標カードと同じ獲得トリック数だと高得点が入ります。
 
■センゲン 2人 ◎ 20分
何を出すのか宣言する、熱い読み合いの心理戦
お互い1枚ずつカードを出してのジャンケン勝負です。プレイヤーは毎回選択できるカードが決まっており、相手が選択できるカードも公開されています。なおかつ、親は何を出すか宣言してから勝負します。
 
■スパイラル 3~4人 ◎ 30分
「アップ!」…「ダウン!」…、流れに乗って手札をなくせ
ルールに従い手札を場に出して「アップ!」(もしくは「ダウン!」)とコールします。前の人のコールによって出せるカードが変わりますが、それに合わせて手札を早くなくせば勝ちです。
 
■アイコ 4~5人 ◎ 45分
あいこが秘訣!数比べでチップを総取り
5枚の手札で強いハンド(大きい数字)を作り、他のプレイヤーとの数比べ勝負でチップを奪い合います。手札であいこを作るのがカギになりますが、ときにはハッタリも必要です。
 
■ソリティア 1人 ◎ 10分
直感と記憶力でストレートに目標達成
目標カードに書いてある数と同数の勝ちカードセットを獲得するのが目的です。4ラウンドで指定された目標カード3枚を獲得できればゲーム成功!直感と記憶力で目標達成を目指す1人用ゲームです。
 
 
※マストフォローのトリックテイキングゲームとは…
 
開始時、全プレイヤーは同じ枚数の手札を持っています。リードプレイヤーが手札の中から任意の1枚を場に出します。他のプレイヤーは1人ずつ時計回り順に、リードプレイヤーが場に出したマークと同じマークのカードを1枚出していきます。これを「フォローする」と呼びます。手札に同じマークが2枚以上あれば任意のものを1枚選んで出せます。同じマークがない場合は、どのマークのカードを出しても構いません。フォローできるのにフォローしないのはルール違反です。全員が1枚ずつカードを出したら、ルールに従い一番強いカードを出したプレイヤーが場のカードを全て取ります。このように全員が1枚ずつカードを出して勝者を決める1回のプレイを「トリック」、トリックで勝者になることを「トリックを取る(トリックテイキング)」と呼びます。